2014年07月15日

幻のブルマ"を求めて三千里? PSP『萌

どうも、田村眞治です. 前回のプレイレポート前編では、2月4日発売予定のPS2/PSP『萌え萌え2次大戦(略)2[chu~♪](以下、萌え戦略2)』の基本的な情報を紹介しました. そこで今回の後編では、実際に本作をプレイし、どのようにゲームが進行していくのかをご紹介していきます. 『萌え戦略2』に収録されているシナリオは、PS2版とPSP版で異なっており、両機種共通のシナリオは、新作の"ビルマ戦線 日本陸軍編"だけです. なので、両機種で楽しめるこのビルマ戦線編のプレイレポートをお届けしたいと思います. ゲームがスタートすると、まずは開始時点の状況を説明するアドベンチャーパートが始まります. さて、開始早々日本陸軍部隊の司令部に、大本営から無線が入りました. それによると「先日配備された"鋼の乙女"を連れてブルマに向かえ」とのこと... え? ブルマですか? ビルマの聞き間違いかと思いきや、どうやらビルマには"幻のブルマ"という、現地人にとって信仰の対象となるブルマがあるらしいのです. それにしても"幻のブルマ"って... . 命令により、ビルマ戦線に向かうことになる"鋼の乙女"がこの娘. 毎日鍛錬を欠かさない、きまじめな性格のようです. "先日配備された鋼の乙女"こと"はやぶさ"は、まだ実戦経験もほとんどなく、いきなり最前線へ行くには不安があります. そこで、出発前にはやぶさの最終訓練と称してシミュレーションパートに入りました. この最終訓練は、最初のシミュレーションパートということで、プレイヤーが操作に慣れるためのチュートリアル的な意味も兼ねているようです. さて、このシミュレーションパートですが、敵軍側には鋼の乙女がいないので難易度は低いです. でも、さすがに自軍ユニットの損傷なしでクリアとはいきません. COM側の攻撃パターンは1つのユニットに対して攻撃を集中させてくるというもので、さらに自軍側の方がユニット数が少ないので、どうしても囲まれてフルボッコされるユニットが出てきてしまいます. この経験をもとに、次回以降はなるべく各ユニットが孤立せず、なおかつまわりを囲まれないような位置関係をとるように進めることにします. こういったことをチェックするのも、この最初のシミュレーションパートの目的ですね. はやぶさの最終訓練兼プレイヤーのチュートリアルになる、最初のシミュレーションパート. 難易度は低いので、どのように操作するのか、どのような戦法がいいのかをしっかり確認しよう. "幻のブルマ"を求めて、いざビルマへ!? 最終訓練が終わったら正式に辞令を受け、はやぶさはビルマへ向けて出発します. 出発時に、先に配属されていた先輩の鋼の乙女"ひえん"も一緒にビルマに向かうことになりました. このひえん、前回の紹介でもふれましたが、他の鋼の乙女に見境なくちょっかいを出すキャラクター. しかも、興奮すると鼻血ならぬオイル(鋼の乙女ですから)を吹き出して、リタイアしてしまうという困り者です. 鼻血(オイル)を吹いて倒れるひえん. 史実でも、モデルとなった戦闘機はエンジンのオイル漏れによる稼働率の低さに悩まされましたからねぇ. ビルマ侵攻のための前線に到着すると、そこでもう1人の鋼の乙女"チハ"が合流しました. ただ、チハはドジっ娘で、おまけに旧型化しており、一般兵からもバカにされている始末. 最初から先行き不安な戦力ではあります. ビルマ侵攻の前線基地へ到着したはやぶさを迎えたのは、戦車型の鋼の乙女チハ. なんというか、いじめたくなるような小動物的な雰囲気を持っています. さて、着任したところでついにビルマへ侵攻開始です. まずはビルマの首都・ラングーン制圧のため、上空の航空優勢の確保を目的に連合軍の航空戦力を叩きます. というわけで、連合軍側の部隊と鋼の乙女が迎撃に出てくるわけですが、その数3人. それに対して、こちらははやぶさとひえんの2人... 数のうえで少々不利かも、なんて思っていたらひえんが鼻血出していきなりのリタイア! こっちの鋼の乙女は早々にはやぶさ1人になってしまい、さらに不利な状況に... . 相手の鋼の乙女は3人で、こちらは1人. 鋼の乙女以外の通常ユニットの数は大差ないものの、この戦力差はつらいなぁ、と思いつつ戦闘に突入. 自分のターンを開始すると、会話イベントが発生しました. 敵の鋼の乙女に、はやぶさがレイ(日本海軍シナリオで登場する鋼の乙女)と間違えられ、突然はやぶさがキレてしまいました. ナイキ エア バスケットシューズイージー 2 どうも、以前はやぶさはレイと一悶着あったようですね(史実では、中国戦線で陸・海軍の違いもあり、新型の隼が敵機と誤認され零戦に空中戦をふっかけられたことがあるので、それに基づいているのでしょう). レイと間違えられたり、胸(装甲板)が薄いことに言及されてブチ切れるはやぶさ. いや、胸は薄くてもいいと思うんですがね. 筆者的には、むしろ薄いほうが... . しかし、さすがに鋼の乙女のユニット数に差があるときついですね. ただ、じっくり考えれば、どうすればよいのかはある程度つかめるので、それを実行していけば大丈夫です. 筆者は敵の鋼の乙女が分散するように誘導し、そこを複数の通常ユニットで一気に叩いていくようにして、見事勝利しました. ラングーンを陥落させたら、そこを拠点にさらに進軍です. ... おっと、その前に"幻のブルマ"の捜索を忘れてはいけませんね. 司令官の命令で鋼の乙女たちが探しますが、残念ながら見つかりませんでした. しかし、幻のブルマってどんなものなんでしょうね. それがわからないので、探すのも大変です. 幻のブルマ捜索のために、どんなものかを想像する日本軍の鋼の乙女たち. 一応常識人のはやぶさも妄想してみたり. それはそうと、チハがさりげなく小動物扱いされてます. 幻のブルマが見つからなかったこともあり、前進して捜索を続けることになりました. 次の目標は、さらに奥地のアキャブです. 今回の作戦は、まず航空戦力で航空優勢を確保した後、地上部隊で市街地を制圧する2段構えになっています. 航空戦に関しては、ラングーン制圧時とほとんど状況は変わらないので、スムーズに進められると思います. ただ、やはりひえんがいない分の戦力不足は否定できません. でも、今回の勝利条件は"敵の全滅"ではなく、"敵の鋼の乙女の撃破". なので、通常ユニットは無視し、鋼の乙女に集中攻撃してなんとか勝利できました. 航空戦で航空優勢を確保したら、次は地上戦です. 地上戦ということは、いよいよチハの出番です. 今度は航空機ユニットは参戦せず、戦車や迫撃砲などの地上ユニットのみで戦います. ここでも、シミュレーションパート開始後に会話イベントが発生し、連合軍側の戦車型鋼の乙女スチュアートが登場しました. なんか、「チハを気に入ったから捕まえてアメリカに連れて帰る」とか言い出してます. しかし、薄い装甲板(胸)好きな筆者が、そんなことを許せるはずはありません. 薄い装... チハを守るためにも、スチュアートを排除してアキャブ占領を成功させましょう. ここでは、勝利条件が"所定ターン内にチハを指定の位置まで進めること"となっています. さて、こういう場合は、チハの進むルートを決めたうえで、まず通常ユニットを先行させます. そして、通常ユニットで進行ルートに敵ユニットが入ってこないようにしながら、チハを前進させるという方法が定石. ... とはいえ、さすがに連合軍の物量の前にはつらいです. なんとかクリアはできましたが、チハ以外の自軍通常ユニットはほぼ全滅してしまいました. →まだまだ"幻のブルマ"を探す旅は続きます! (2ページ目).
posted by HagiwaraYumi at 09:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。