2013年07月12日

パコ・ラバンヌ」の新アーティス久留琴子ティック・

フランスのブランド「パコ・ラバンヌ」は、ドイツ出身のリディア・マウアーがウィメンズウェアの新アーティスティック・ディレクターに就任したことを発表した. リディアは「イヴ・サンローラン」や「ジバンシィ」で経験を積んだ後、2011年11月に「パコ・ラバンヌ」に入社し、デザインディレクターを務めてきた. 彼女によるファーストコレクションは、2013年春夏パリコレクションでお披露目される予定だ. リディアは、「パリを象徴するメゾンのひとつでアーティスティック・ディレクターとして働くことができ、大変光栄です. デザイナーのパコ・ラバンヌは、それぞれの女性の特異性を表現する手段として、服をデザインしていました. 彼は芸術や建築に触発され、時代を超越したユニークかつセンシュアルなスタイルを考案した人です. グッチ 財布 新作 私も、そのクリエイティブ・スピリットを継続的に表現していければと思っています」と語った.
posted by HagiwaraYumi at 04:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください